警察、公共相談所に相談しても意味がない

相談

闇金は自宅に押し掛ける・会社に取りたてに来るなどの非常識な取り立てを行うことがあります。
会社に来た場合は大声で借金をしていることを言いふらすなどの行為を行いますが、自宅に来た場合は何をされるかわかりません。
もしかしたら暴力を振るわれるかもしれませんし、時には命の危険を感じるような行為をされるかもしれません。
そんな危険な目に合ったら、まず行くのは警察でしょう。

 

警察に行って闇金の説明をし、こんなことをされたということを話します。
命の危険を感じるような行為をされたと話せばきっと警察は動いてくれる、誰もがそう信じているはずです。
しかし警察の反応は非常に素っ気ないものです。
パトロールを強化します。
たったその一言で終了する可能性が非常に高いです。

 

警察は何か事件が起きてからではないと動けないものです。
何かあってから遅いというのは当然のことですが、それがない限りは動けないのでいくら訴えても無駄と言えば無駄です。

 

警察に相談するのは後回しにし、まずは闇金に強い弁護士に相談しましょう。
闇金問題に関しては警察よりも弁護士の方が頼りになります
しかし闇金の動きによっては警察への相談を指示されることがありますので、その際は弁護士の指示に従って警察に行ってください。